矯正歯科

矯正治療

矯正治療とは、歯並びや噛み合わせを整えて、よく噛める状態へと導く治療のことです。
噛み合わせの問題を放置すると、よく噛めないために胃腸に負担がかかったり、歯と歯の間に食べかすが詰まりやすくなったりします。
歯並びを整えることで、清掃性や機能性に優れた状態になり、結果的に歯のトラブルのリスクが下がります。

歯並びの種類

叢生

でこぼこの歯並びで八重歯や乱ぐい歯と呼ばれることもあります。顎の大きさに対して歯が大きい場合によくある症状です。

上顎前突(出っ歯)

下の歯に対して上の歯が前方へ出ているケースです。上下の前歯でかみ切れない状態で、口が閉じづらく、閉じても前歯が見えてしまいます。

下顎前突

しゃくれや受け口、反対咬合とも言われ、上の前歯に対して下の前歯が出てしまうケースです。

開咬

上下の前歯に隙間があり、歯が上下に離れており咬んでいない状態です。前歯だけの場合や奥歯以外が咬んでいない場合などがあります。

過蓋咬合

奥歯を噛みしめた状態で上の前歯が下の前歯に覆いかぶさっている状態です。ディープバイトとも言われています。

空隙歯列(すきっ歯)

歯と歯の間に隙間がある状態です。機能的には問題がないですが、歯の間に食べかすが挟まりやすくなります。

不正咬合の原因

一般的に歯並びが悪いというのは、歯や歯列の問題だけでなく、上顎骨や下顎骨などの骨格や子どもの頃の癖や習慣などの問題が含んでいることもあります。

そのため、当院では、iTero element5Dを使って精密な検査を行い、不正咬合の原因を突き止めたうえで矯正治療を進めています。

矯正治療の種類

ワイヤー矯正(表側矯正)

歯の表面に金属のブラケットを取り付け、ワイヤーを通すことで力をかけ、歯を少しずつ動かします。
最近では、クリアや白色など目立ちにくいワイヤーも登場しています。
幅広い症例に対応できる長い歴史を持つ矯正治療です。

マウスピース矯正

取り外し可能な透明のマウスピースを装着して、歯を動かす矯正治療です。
途中で何度かマウスピースを交換します。

マウスピース矯正

マウスピース矯正(インビザライン)はこんな方にもおすすめ

マウスピース矯正(インビザライン)はこんな方にもおすすめミソラ歯科クリニックがご提供するマウスピース矯正(インビザライン)には、様々な優れた特徴があり、多くの方におすすめしたい矯正方法ですが、特に下記のような症状の方におすすめです。

下記のようなお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にミソラ歯科クリニックまでご相談ください。

 

  • 矯正装置が目立つのが気になる方

  • これまでの矯正装置の見た目に抵抗がある方

  • 周りの人にバレずに矯正治療を受けたい方

  • 矯正中もお口を清潔に保ち、しっかりケアしたい方

  • 矯正中もストレスなく食事を楽しみたい方

  • 最終的にどんな歯並びになるかを事前に確認したい方(事前シュミレーション「クリンチェック」によって仕上がりを確認できます)

  • お仕事柄、矯正装置が目立つのは困る方

  • 矯正治療による痛みやしゃべりにくさなどが心配な方

  • 金属アレルギーが心配な方(カスタムメイド型マウスピース矯正は金属を一切使用しません)

iTero elementDの導入

当院では、口腔内の光学スキャナーiTero(アイテロ)elementを導入しております。口の中をスキャンすることで、治療時間の短縮や患者さんへの負担軽減を実現できます。
iTero elementはペン型のスキャナーで、スキャンデータを3D画像で確認できるうえに、そのままマウスピース型矯正装置の作製も可能です。

 

治療過程や治療終了時の歯並びの状態を比較できるため、治療に対するモチベーションアップに繋がります。
従来のシリコンの歯型採りで、不快な思いをする必要はありません。
iTero elementなら、患者さんの負担を軽減しつつ、短時間で正確なデータを取得できます。

また、iTero エレメント5Dは、口腔内スキャナーとして近赤外光画像というNIRIの技術を搭載し、歯牙の内部をその場でスキャンできる性能をもった画期的な口腔内スキャナーです。

NIRI技術によって、歯牙構造を可視化し、隣接面う蝕の早期発見を補助します。

また、iTero エレメント5Dには、NIRIや口腔内カメラの他にも先進的な視覚化機能として、タイム・ラプス 、アウトカム・シミュレーター、プログレス・アセスメントも標準装備されています。

特にむし歯の早期発見とアウトカムシミュレーションはマウスピース矯正を行うための準備と、矯正治療後のイメージを実際を予想することができるというメリットがあります。