マウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正(インビザライン)とは

マウスピース矯正(インビザライン)とは、透明なマウスピースを装着して歯に力をかけて動かし、途中で何度かマウスピースを交換しながら理想の位置へ歯を動かす矯正治療です。
コンピューターシミュレーションで作製したマウスピースを使用した矯正治療です。

インビザラインによるマウスピース矯正では前歯などの部分的な矯正治療にも対応しています。

インビザラインによるマウスピース矯正

インビザライン(マウスピース矯正)は透明で目立たない矯正装置です。
また、取り外しができるため、食事ができたり、歯磨きも取り外して行うことができるため、常に口腔内を衛生的に保たれます。
プラスチック製のため、金属アレルギーの方にも対応した矯正治療です。
マウスピースを交換しながら歯を動かすため、徐々に歯並びが改善されるようになるため、ワイヤー矯正よりも痛みが少なく矯正治療が可能です。

マウスピース矯正はこんな方におすすめ

  • ワイヤーが目立つのが気になる
  • 大がかりな治療に意欲的になれない
  • 金属アレルギーがある
  • 周りの人に知られることなく矯正したい
  • 装置の違和感を抑えたい
  • 矯正治療中の痛みが不安

マウスピース矯正(インビザライン)の特徴

審美性に優れている

透明のマウスピースを使用するため、周りの人に矯正していることを知られる心配がほとんどありません。

取り外しができる

食事や歯磨きのときには取り外せるため、衛生的に使えます。
そのため、矯正器具で気になることがなくマウスピースを交換しながら矯正治療ができます。

口腔内スキャナー(iTero elemnt)を使用

口腔内スキャナー(iTero element)で歯型を採るため、歯型採りの不快感を抑えられます。
また、治療経過や治療終了時のシミュレーションができるため、モチベーションを維持しやすいメリットもあります。

詰め物・被せ物があっても適用できる

詰め物・被せ物がある状態でも適用できます。対してワイヤー矯正は詰め物・被せ物の影響で外れるケースが多いため、適用できない恐れがあります。
適用できても、途中で外れると通院回数が増えて、治療期間が長くなります。

マウスピース矯正(インビザライン)のメリット・デメリット

メリット

・透明で目立ちにくい

・取り外しができる

・歯磨きがしやすい

・痛みが少ない

・金属アレルギーの方にも適用できる

・装着中の違和感が少ない

・治療時間が比較的短い

デメリット

・適用できる症例がワイヤー矯正よりも少ない

・自己管理ができていないと治療期間が延びる

・慣れるまでは発音しづらい

マウスピース矯正(インビザライン)の流れ

STEP1.歯型を採る

光学スキャナーで歯型を採ります。

STEP2.作製依頼を出す

マウスピースの作製依頼を出します。

STEP3.マウスピース型矯正装置(インビザライン)の完成

完成したマウスピースを段階別にお渡しします。

STEP4.マウスピース型矯正装置(インビザライン)の交換

矯正治療中に何度か通院いただき、マウスピースを交換します。

STEP5.治療終了

理想の位置へと歯並びが整えば、マウスピース矯正は完了です。(治療終了後は後戻りを防止するため一定期間は保定装置(リテーナー)を装着いただくことを推奨します。)

マウスピース矯正治療後は後戻り防止のために定期的な歯のクリーニングや検診を行いましょう。
その結果、いつまでも美しい歯並びを維持できます。